スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
This sign cannot run on 40km per hour.
約8割の歌手がスルーしていく富山県に住んでいるアキヒトです。
そのスルーっぷりたるやあっぱれ哉。
大抵みなさんは新潟のあとすぐに移動して石川ですから。
全国ツアーが聞いて呆れる
まぁ富山にも落ち度はありますわなー多分ノリ悪そう…


それはそうと聞いてくださいよ奥さんの人もそうじゃない人も。
先週の木曜日に仮免の試験受けたんですよ。
結果は無事に合格したんですが。応急救護も受けました。
ただ一つ、腑に落ちないことがあったんですよ。
学科試験の前に、自習室で模擬試験やってたんですよ。
仮免のテストって妙に惑わせる文章が多いのは有名ですよね。
自校が準備した模擬試験なんですが、何度読んでも問題の意図が読み取れない文章がありました。
いや、言いたいことは解るんだけど…日本語おかしいだろっていう。
問題には丸くて赤の縁取りがされてて40って描いてある標識の絵とともに、おそらくこの標識の意味を問うている文章が併記してありました。

「この標識は、時速40キロメートルで走行することはできない。」

普通の人は何の疑いもなく”正”を塗りつぶすのでしょうが、他人の細かいミスは決して見逃さない俺の妖怪アンテナが反応しましたよ父さん
つーかただひねくれてるだけなんでしょうけど。
英文にすると解りやすいと思ってタイトルにしてみたんですが、この文章だと、速度制限の標識が規制を受けていることになると思うんです。
もうね、笑いましたね。呆れて。
それの前からね、「~しようと」ていうのが「~しうと」になってたりとか。
俺はこんな適当な仕事に28万も払ってるのかと思うとつくづく嫌になりますが、たかが自動車学校にそんなことを求めるのが筋違いというものなのでしょう。
教官の運転があんまり参考にならないですし富山自校は。
間違ったままにしておくのはかわいそうなので、自習室の教官にそれとなく聞いてみました。

あ:この文章ちょっとおもしろいですよね?
教:ん、どうした?
あ:この文て…かくかくしかじか。
教:…ぇえ?
あ:いや、だってこれだと…
教:じゃあどう書けばいいの?
あ:そうですねー、「自動車が~できないことを示している」とか…
教:????
あ:(あれ?)…。
教:いやーそんなこと言ってきたのはあんだが初めてだからわかんないや。
  あんたはそういうこと勉強してるのかもしれないけど…ブツブツ…
あ:……。( ゚д゚)ポカーン

心の中で「情報工学科ですけど何か?」と100万回言ったとか言わないとか。
これは俺がズレてるからなのか、はたまたこのおっさんが弱いだけなのか。
いろんな意味でまた自信を剥ぎ取られた一日でした。
スポンサーサイト

日記  CM(0) TB(0)
先生!もう走れま
前回に引き続きバトンなわけですが、こうも立て続けにバトンがまわってくると年末恒例のマラソンリレーを思い出してしまうわけです。
マラソンリレーとは、20人やそこらで100mずつ走って42.195kmバトンでつなぐというぐったりな行事です。
毎年吐くか攣るかは必ずやってしまいます。
もうこんな時期か…(´・ω・`)
つーことでバシバシ答えていきますよ!


日記  CM(6) TB(0)
バトンだよ!(`・ω・´)
ついに俺にもバトンなど回してくれる友達ができましたよ(笑
職業柄、バトンと聞くと妙にテンションが上がりますがはやる気持ちを押さえつつ答えたいと思います。
今回は「ブラインドタッチで質問に答えるバトン」と「血液型バトン」です。

日記  CM(0) TB(1)
mixiはじめました
ご無沙汰してますアキヒトです。
寒がりな俺はたった今ストーブを出しました。Hotな話題ですな。


タイトルにもありますが、友達にmixiを紹介されました。
まぁこっちから見ることはできないのですが、mixiから飛んでくる方もいるので一応報告がてら。
入ってみたかったんですよねmixi。
これからも人をひきつける文章が書けるように頑張りますので(笑

日記  CM(0) TB(0)
ギターと僕(笑
いやはや、サボりで有名なあきひとさんですよ。
ここ数日はレポートと資格試験の勉強でパソコンの電源すらつけてない有様でした。
うーん、ここ10日間のネタといえば坂道発進ぐらいかな…
つーことで今日は先月ぐらいから始めたギターの話。
つかタイトル見るとかなり長いことやってそうなんですがまだ2ヶ月目です。

日記  CM(1) TB(2)
自堕落の日
なんでこうも休日は天気が悪いのさ。
折角富山に未来のロボットが大集結しているというのに。
移動手段がチャリしかない俺にとって雨はまさに天からの敵。
結局ロボットフェスはテレビでみましたとさ。
そんでその後5個目の最後の幻想の世界を旅して一日過ごしましたとさ。



ちっとも文化的な匂いのしない11月最初の休日。

日記  CM(0) TB(0)
行き止まりか
なんだかんだでのーべんばー。
11月ですな。
朝はもう息が白くなります。


さぁ、前回の振りよろしく今日は卒研の話。
中間発表以降はプログラムのアルゴリズム変えたり数値変えたり色々やってます。
理解度もかなり上がっていると思います。
システム関数的に表現するとこんな感じ。

(インパルス+白色雑音)→[PARCOR係数]→合成音声

システム関数っつうのは、数式に表すことができそうにない事柄を無理矢理関数にして、つまり計算できるようにして表したものです。
y=f(x)みたいな、「関数fに変数xを入れるとyになって出てくる」という関係を作り出すわけです。
つまり、[PARCOR係数]というのは、ようはブラックボックスみたいなもので、箱の入り口に(インパルス+白色雑音)を入れると、出口から人の声が出てきますよ、という意味です。
解りにくいのは重々承知ですが、上手く説明できませんね…でも次に行きます。

人間の声は、まず、肺から吐き出された空気が声帯を震わせ、その振動が空気に乗って口まで伝わります。
その途中で口の形を変えたり、舌を動かすことによって言葉として解る音になるのです。
簡単に言うと、私たちは、「声帯」が出した音を「口の中」で反響させたりして「声」を作っていることになります。
そこで先程のシステム関数に戻りますが、インパルスとは声帯が出した音を近似したものなのです。白色雑音は、声帯が振動しない声を近似しています。
そして、PARCOR係数というのは、すごく乱暴に言えば口の形を表すものです。
つまり、このシステム関数は、人間が発声する過程を表しているのです。

で、俺は何をしているのかというと、声帯の振動であるインパルスを作る為の研究をしています。
前までは「残差波形を作る」とか言ってましたが、その表現が変わったこと自体が進歩なわけで、つまり理解度が上がったことを示しています。

なぜ「残差=声帯の振動」なのかはまた次の機会に。
つーか文章だけでは限界を感じます…
でも次のは絵で描いても伝わるかどうか…俺も何となくで理解している程度ですから。でも理論的にはあってるはず。


音声合成の研究をなさっておられる方でフォローして下さる方を随時お待ちしておりますm(__)m

卒研@音声工学  CM(0) TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。