スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
mardock scramble
先週(もう先週か)マルドゥックスクランブル 圧縮を見てきました。
ちゃんと整理してからレポートしようと思ってたけど
たぶんいつまでも整理できないと思うので見切り発車的にまとめてみます。

見終わった後の率直な感想は、76分はとにかく短い!というこでした。
特に終盤の畜産業者さんたちはあっけなかった。
残虐なシーンへの配慮かもしれないけど。
ただフィンガーネイルが話し始めたところで劇場内が ざわ... ざわ... って
なったのはちょっと面白かった。
かないみかさんの悪役ってのもあんまり見ない気がするよね。
八嶋ウフコックは意外にはまってた気がする。老獪なネズミって感じでした。
ただウフコックの動きがいちいちかわいい。ギャップ萌えというやつだろうか。
でもなによりも感動したのはバロットのライム。
ああ、本当に映像化されたんだな、って実感した。ちょっと泣いた。
4年前、原作を一気に読みきったとき、こんなにビジュアルに訴えるものが
どうしてアニメになっていないんだ、アニメになったら絶対見るのに、
と思いながら、一度は頓挫したアニメ化企画の復活をずっと待ってて、
冲方さんのブログで劇場アニメ化決定が発表されたときのことを思い出した。
それから封切されてかなり時間がたってしまったけど、
これを待っていたんだなぁとしみじみしてしまって本当に胸熱な76分でした。

次こそは公開後すぐ見に行きたいな。
ぜひ富山でやってください無理か。
ところで誰かこの話題についてこれている人はいるのだろうか。
こんなエントリがあってもいいよね。
スポンサーサイト

日記  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。