スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
つゆをぶっとばせ
梅雨の時期になりました。
じめじめして、とか、毛先が広がって、とか
そういったことには疎い私でも
蒸し暑い、とか、雨にぬれるのがいや、とか
そういうのだけで梅雨と付き合ってきました。
そこに、きのう、おとといぐらいから、
「なんだかくさい」っていうのが追加されました。
梅雨の時期ってやたらにおいませんか?

昨年、一昨年ぐらいから、ずっと
においを題材にして小説を書きたいと思い、
いろいろな本を読んだりしました。
しかしながら、執筆活動と言うか、
そういった精神活動は、こんな風に
月イチでしか日記を書かない現代風の若者には
ちょいと高めのハードルだったのかもしれません。
においを感じる季節だからこそ、なにかしらの作業をしたいのですが、
小説を一行タイプする指でレポートを書かねばならない
現状から目をそらすわけには参りません。


今月、研究室の先生のプレッシャーに耐えかねて
初めて部活をサボりました。
打ち手としてではなく、マネージャーとして部に貢献していこうかとも
考えましたが、まぁ、もうちょっと悩んでみます。
最近の座右の銘は「なるようにしかならない」です。



すみませんが、6月はそんな僕で
お届けしました。



スポンサーサイト

日記  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。