スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
What is real? What is justice?
この度の東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
言葉を選んでいるうちにどんどん時間が経っていました。それはいつものことですが。

とにかくいろんなことが起きて、それに対していろんな人が行動を起こして、
いろんな意見があって、いろんな見方があって立場があって…
情報の取捨選択でまず大事なのは事実と意見・感想の切り分けです。
事実にもいろいろあります。いろんな人がいろんな立場で、
その人が信じる正義で事実を表現してます。
私にできることは、情報の最大公約数的な部分を地道に拾い上げていく事だけです。

偏った報道に意味はないと言う人がいるかもしれませんが、
その情報が偏っていることをわかったなら意味のある情報を取り出せるかもしれません。
テレビを見ていると、何が起きたかよりも、それによってどうなるのかといった
結論の部分を必要以上に急いでいるような印象を受けました。
確かに、専門的な話はバックグラウンドの知識がないと理解し辛いですが、
可能性の話だけで不安を煽る結果になってしまっているのではと感じました。

まだ「何が正しいか間違いか、何が善で悪か」という結論を急ぐ段階ではないと思います。
そういったものは時間とともに解釈が変わるものだからです。
とにかく今は「何が起きているのか、本当のことは何なのか」ということに尽きると思います。
そこから出発して出した答えは「判断」として大事にすべきです。
そして、もっと時間が経ってから、一番納得できる形にまとめ、「結論」とすべきです。



最後に人の言葉を借りて締めたいと思います。
これは9.11の頃の曲ですが、今回の一連のことで思う節がありましたので。

 僕らは聞いた 崩れる音を
 それは世界か 敵味方なく
 僕らは聞いた 争いの音を
 わかんなくなった 正義はどこだ
 (敵はどこだ/ポルノグラフィティ)

もうひとつ。これはまた別の話。

 どうやら消したいのは ただ他の何もかもみたい
 それじゃいっそあなたの方 消し去ってあげよう
 (CLUB UNDERWORLD/ポルノグラフィティ)


今年度もマイペースでやって行きます。
よろしくお願いします。

想記  CM(0) TB(0)
mardock scramble
先週(もう先週か)マルドゥックスクランブル 圧縮を見てきました。
ちゃんと整理してからレポートしようと思ってたけど
たぶんいつまでも整理できないと思うので見切り発車的にまとめてみます。

見終わった後の率直な感想は、76分はとにかく短い!というこでした。
特に終盤の畜産業者さんたちはあっけなかった。
残虐なシーンへの配慮かもしれないけど。
ただフィンガーネイルが話し始めたところで劇場内が ざわ... ざわ... って
なったのはちょっと面白かった。
かないみかさんの悪役ってのもあんまり見ない気がするよね。
八嶋ウフコックは意外にはまってた気がする。老獪なネズミって感じでした。
ただウフコックの動きがいちいちかわいい。ギャップ萌えというやつだろうか。
でもなによりも感動したのはバロットのライム。
ああ、本当に映像化されたんだな、って実感した。ちょっと泣いた。
4年前、原作を一気に読みきったとき、こんなにビジュアルに訴えるものが
どうしてアニメになっていないんだ、アニメになったら絶対見るのに、
と思いながら、一度は頓挫したアニメ化企画の復活をずっと待ってて、
冲方さんのブログで劇場アニメ化決定が発表されたときのことを思い出した。
それから封切されてかなり時間がたってしまったけど、
これを待っていたんだなぁとしみじみしてしまって本当に胸熱な76分でした。

次こそは公開後すぐ見に行きたいな。
ぜひ富山でやってください無理か。
ところで誰かこの話題についてこれている人はいるのだろうか。
こんなエントリがあってもいいよね。

日記  CM(0) TB(0)
Welcome new comer!
頼んだPCがきた。
思ってたよりでかかった。
ラックの空きスペースに収まるか心配だ。
それ以前に空きスペースを作れるかが心配だ。
いまこのブログを書いてるPCは当面、貴重なXP環境として保守していく。
S端子とか赤白黄の入力端子とかあるしね。


今週からチャリ通を再開した。
朝と夜はすごい寒い。ヒートテック大活躍だ。
バスの時間を気にしなくてもよくなったので残業し放題だ泣きたい。
もうそろそろ納期なので立て込んでいるのです。


最近はずっとweka
統計とか機械学習とか情報量とかもっと勉強しとけばよかった。
詳しい人教えてください(^ρ^)しんどいです


日記  CM(0) TB(0)
Time flies like...
時がたつのも何とやらで年明けて2月にやっと更新とはいい身分だなおい!
あけましたねおめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
# 年が明けることは1月はもちろん8月になっても変わらない事実なので
# 「おめでとうございました」とはならないのです…!
# 人類は衰退しましたを意識してみたがどうか。
暫くぶりに書くのでテンションが迷子ですが生暖かく見守ってやってください。

いつもここでブログを書かなかったころのまとめを何となくやるのですが
今回は期間が長くてかなり忘れているので
twitterを見ながら、これまた何となく書いていくことにします。


日記  CM(2) TB(0)
What is augumented reality?
仕事でやってるAR(拡張現実)の話。
覚書程度に書きます。

***

ARとはカメラで撮ってる映像の上に別の画像や文字コンテンツを重畳して表示する技術のことで、
有り体に言えばスカウターみたいなもの。
今までの情報検索より直感的に情報を検索・取得することができるようになったり、
たとえば現実世界にない看板なんかを、カメラを通して表示させることが出来る。
マーカーにカメラを向けるとポリゴンのキャラが現れたりするアレもAR。
ARは携帯電話などのカメラ付き情報端末を持っていれば基本的にどこでも体験することが出来る。
// そういった意味では、バーチャルリアリティとは真逆の技術と言える。
// 狙いがそもそも違うので比べるのもおかしいかもしれない。

ARの原理は、本質的には画像認識だが、
現状ではマーカーのような単純な図形を認識させている。
また、建物のように移動するものでなければ、緯度・経度の値に情報を結び付けておいて(=タグ)
GPSから取得できる自分の位置(カメラ)から見える範囲の情報を取得・提示するという方法もある。
後者の方法は、建物ではなく位置データに情報を貼り付けているため、
建物が突然なくなってしまっても情報は表示され続けるし、
自分の位置を測定するために使うGPSの精度に大きく影響される。
もちろん屋内などGPSが使えない場所では情報が表示されない。


そんなARなんですが、なんか面白いことできないかと画策中です。
できれば画像認識を組み込んでみたい。
できればビジネスにしたいけど、そうじゃなくてもぜんぜん良い。
ARのビジネス化はまだちょっと遠いと思う。これはなんとなくそう思うってだけだけど。
富山でもARの取り組みが始まってきているから、
この流れに乗ってみようかなと思った今日この頃であります。

日記  CM(0) TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。